西日本最大級のシステム農場【花の海】

西日本最大級のシステム農場【花の海】 お気軽にお問い合わせください【0836-79-0092】

トップページ > 野菜・花苗

野菜・花苗

苗物部生産担当の松崎です。
花の海の苗物

私は苗の生産に関しての責任者をしております。花の海は西日本最大級の苗の生産工場のため、お客様はプロ農家の方から、ホームセンター、農業法人と多岐に渡ります。お客様は野菜や花の販売、生産を行い、生計を立てている方がほとんど。そのため苗へのこだわりや品種の選定に一切妥協はありません。私たちもお客様のご要望に応えられるよう、ただ作るだけではなく、その後の販売や生産を考えてご提案しております。 花の海の苗生産の強みは、品質の良い苗を大量に作ることができる「設備」と「人」がいること。 生産システムの効率化を突き詰めながら、一本一本の苗をプロの手で管理することで価格でも品質でも満足のいく苗を提供しています。

花の海の苗の特徴

野菜苗から花壇苗、プラグ苗、鉢花にいたる総合育苗センターとしてオーダーメイドシステムにより[必要な品を][必要な時期に][必要な量だけ]全国へお届けしています。また、大規模施設の特徴を活かし、大型ロットに安定品質、確実出荷でお応えします。

断根接木苗

花の海がお届けする、良いことづくめの断根接木苗。
連作障害や病気にお悩みの皆様必見です!

接木とは

人間で例えるなら、スポーツ万能なアスリートの体と、学者さんの頭脳を併せ持つスーパーマンを作るようなものです。接木苗は病気に強く、連作障害も少ない。
それでいておいしい実がなり、しかも実付きが良い。まさに一石二鳥の苗になります。

接木とは 断根とは

断根とはその名のとおり、根を切り落とすことです。根を切り接木することでその植物自体の樹勢を強くすることができます。
逆に自根接ぎ(根はそのまま)元々ある根をそのまま使うためコントロールしやすい苗ができます。花の海ではお客様の圃場条件にあった苗づくりを目指しています。

断根とは
接木とは

苗が出荷されるまで

播種、覆土・灌水

苗半作という言葉があります。苗の出来が作柄の半分を決めるという意味で、主に稲作に使う言葉ですが、様々な作物にも言える言葉です。苗作りの一番最初の行程が播種から覆土・灌水までの作業です。ここで失敗すると発芽率が悪くなったり、一つのプラグの穴に2本以上芽が出てしまい接ぎ木や、定植など次の行程に使えなくなります。苗作りの大切なスタートラインです。

播種、覆土・灌水

播種は基本的に機械で行います。これは手動タイプで、種を確認しながら、プラグに落とします。人の目で確認しながら進めるので正確です。

播種、覆土・灌水

これは自動タイプです。手動より早く播けますが、たまに種がプラグに入らなかったり、逆に多数入ったりしてしまうところがデメリットです。

播種、覆土・灌水

覆土作業。播種が終わったら、覆土をします。発芽に光が必要な種もあり、覆土の量を種によって調節します。

播種、覆土・灌水

灌水作業。さらに灌水します。品種や規格によって与える水の量が異なるので、調整できるシステムを搭載しています。

穂木・台木育苗(前期育成)

適度な温度・湿度で発芽させたプラグを適期を逃さず並べていきます。
前期育苗では大きさがそれぞれ適切になるように灌水、配置を工夫しながら育てます。

穂木・台木育苗(前期育成)

覆土・灌水後のトレイは発芽室 に入り発芽寸前まで保管します。

穂木・台木育苗(前期育成)

発芽寸前の苗を発芽室から移動します。適期は1日~1.5日しかなく目利きが重要です

穂木・台木育苗(前期育成)

ハウス内で発芽を待つため綺麗に展開します。

穂木・台木育苗(前期育成)

約半日経過後の苗です。元気な芽が出てきています。

接木

接木の適期も他の作業と同様、非常に短く重要です。
適期を逃すと作業効率が下がるだけでなく、活着率の低下にもつながります。

接木

台木(かぼちゃ)の幼苗です。
4.5cm~5.0cmに切った苗を使います。

接木

台木の新芽をとばして、専用の接ぎ棒で接木用の穴をあけます。

接木

穂木(キュウリ)の幼苗です。
台木より一回り小さなものを使用します。

接木

接木用の穴と同じ角度で穂木の苗を切断します。

接木

穂切りと言われる精密作業。
企業秘密なところです。

接木

穂木と台木をドッキングさせて接木作業完成!!

接木

熟練の技術と精密さが大切な作業です。(ちなみにトマトの接木風景)

植え込み

特に接木苗の植え込みは時間との戦いです。
素早く、丁寧に、的確に作業していきます。

植え込み

接木直後の接木苗です。

植え込み

プラントプラグに苗の高さが合うよう植えていきます。

植え込み

低すぎても高すぎても良い苗はできないため非常に重要な作業です。

植え込み

ポットへの植え込み作業です。

養生

養生とは人間で例えるなら、外科手術後の病院での手当て・保養です。
接木後の苗は、最適な環境で術後の経過を見守られ、接木部の接着が済むと後期育苗へと進んでいきます。

養生

接木後の苗を入れる養生室最適な環境でデリケートな苗を管理しています。

養生

蛍光灯の光で優しく育苗します。

養生

養生中の苗のアップ。透明のギブスをはめてます。

順化・後期育成

順化はまさしくリハビリと同様。後期育苗からは私達、苗の管理者の意識はお客さまの圃場一直線です。
圃場でいかに伸び伸びと苗を生長させるかという点が最大のテーマだからです。

順化・後期育成

養生室から接木苗を取り出します。日光に弱いため、夕方から夜間に作業を行います。

順化・後期育成

苗の拡大図。葉や茎に万遍なく水滴が付着し、理想的な状態です。

順化・後期育成

展開をし、順化作業開始。順化=自然環境に慣らしていくことです。

順化・後期育成

湿度と光に常に目を配り、徐々に順化作業を進めます。

順化・後期育成

直射日光や保湿のために日中はラブシートをかけています。

梱包・出荷

お客様の手元に届いて(店頭に並んで)、私達の作業ははじめて完了します。
まるで娘の嫁入りのような心境で手塩に育てた苗達を送りだします。

梱包・出荷

苗選別作業。出荷のプロが、ひとつひとつ苗の状態をチェックして、より良い状態の苗を選別します。

梱包・出荷

梱包作業。商品間違いがないか、苗の状態は大丈夫か、最終チェックを行い梱包していきます。

梱包・出荷

荷姿。苗専用の梱包材です。完全密封はせず、頑丈な作りになっています。

施設紹介

野菜苗生産温室
野菜苗生産温室

年間約2000万本のポッド苗・プラグ苗を生産しています。
害虫の侵入を防ぐための防虫ネットや大量発注にも対応できるよう、ローリングシステムを採用し、作業効率の向上と品質管理の向上を図っております。

野菜苗生産温室

谷換気式角パイプアーチ型ハウス(4連棟)
5棟 合計13,920m²
谷換気式角パイプアーチ型ハウス(9連棟)
1棟 5,400m²

プラグ苗温室

軽量H型銅山型ハウス(3連棟)
1棟 1,248m²

作業棟
作業棟

作業棟

鉄骨造 平屋建 1棟 480m²
接木室、養生室、発芽室 播種ライン

栽培品目(営利用・家庭菜園用苗)
■野菜接木苗 ■野菜実生苗 ■イチゴ苗 ■花壇苗・鉢花
■プラグ苗 ナス・トマト・キュウリ・スイカ・ピーマン・ゴーヤ
果菜類から葉菜類まで多品目
幸の香・章姫・豊の香・宝交早生・カレンベリー・サマーベリー他

種子・栄養系品種・球根・花木類

葉菜類・接木野菜苗・切り花苗・花壇苗・花木類

苗物部事務所
苗物部事務所

お客様からの注文管理・生育状況の管理・出荷のオペレーション
などを行っております。言わば苗物部の司令室です。

生産量 (年間約2000万本)

■野菜接木苗: 約200万本
■野菜実生苗: 約160万本
■イチゴ苗: 約10万本
■花壇苗等: 約180万本
■プラグ苗: 約1300万本(野菜苗(接木含む)、花苗)

  
培土ハウス
培土ハウス

花の海特製培土の配合、出荷作業を行っております。

生産量(約2000トレース)

■バラ用培土
■船方完熟堆肥
■花の海特製培土

品質管理のための設備

底面給水装置

底面給水装置

炭疽病を防ぐため、底面より給水を行う装置。

防虫ネット

防虫ネット

病害虫の侵入を防ぐため、ハウスの壁面はすべて防虫ネットを設置。

発芽室

発芽室

覆土灌水後の種を発芽寸前まで適温で管理することにより種子のポテンシャルを最大限に発揮させます。

養生室

養生室

接木苗の養生を行う設備。湿度、気温など養生に最適な環境が維持されています。

自動播種機

自動播種機(ノズルシーダー)

播種作業を自動で行うため、非常に作業効率があがります。しかし若干の正確性に 欠けるという欠点があり。

手動播種機

手動播種機(ノズルシーダー)

自動播種機に比べ、作業効率は落ちますが目視による確認が行えるので正確性が高いです。

覆土装置

覆土装置

播種後のトレイに土を盛っていくための装置です。空気を含ませながらふんわりと覆土が可能です。

潅水装置

潅水装置

品種によって最適な水分量になるよう調整を行いながら灌水作業を行える装置です。
ウリ科野菜は細菌病対策のため酢酸を灌水しています。

メール問合せはこちら