西日本最大級のシステム農場【花の海】

西日本最大級のシステム農場【花の海】 お気軽にお問い合わせください【0836-79-0092】

鉢バラ

トップページ > 鉢バラ

鉢バラ

鉢バラ部部長の石田です。
花の海の鉢バラ

鉢バラ部では、主にポットローズ、シクラメン、日々草、ゼラニウム、ドラセナなどを全国の取引先に向け生産、出荷しています。機械を使った効率的な生産システムとプロの目と技術を活かし、高品質の苗を安価で生産することが可能です。花の苗は繊細なもの、みなさんのもとに届いてからもスクスクと育ってくれるよう、スタッフ一同、愛情いっぱいに育てています。

施設紹介

施設
  • 施設様式

    鉢バラ温室
    ヘンロ型鉄骨フィルムハウス

  • 面積

    1棟 14,352㎡

  • 概要

    細霧冷房装置やプールベンチを使用することで年間を通した 生産が可能。年間、バラ(約54万ポット)シクラメン(約20万ポット)日々草(約10万ポット)ゼラニウム(約7万ポット)ドラセナ(約1万5千ポット)の花苗を生産しています。

花の海の鉢バラは、デンマークのRoses Forever (ローズ・フォーエバー)社のバラを栽培しております。 室内で楽しめる鉢バラとして全国にお届けしています。
大規模施設の特徴を活かし、大型ロットに安定品質、確実出荷でお応えします。
花の海の鉢バラは1年中お買い求め可能です。

RosesForever社は、1996年に創立されたデンマークの繁殖会社です。鉢バラの栽培と試作において18年以上の実績を誇るRosa Eskelund(ローザ・エスケラード)によって設立されました。
ローザが1996年に初めて交配した最初のRoses Forever®は、2000年には市場での人気を確立しています。そのなかでも、Monte Rosa Forever®(モンテローザ・フォーエバー)シリーズは現在でも最もヨーロッパ市場に出回る品種のひとつです。

プールベンチムービングシステム

プールベンチムービングシステム

苗を育てる土台。プールベンチ自体がハウス内を循環し、ベンチごとの生育状況に応じた一括管理が実現。この規模の設備は国内でも数社しかございません。

プールベンチ

プールベンチ

花の海で花苗の栄養として液肥を使用しています。プルーベンチでは一定の水張りが可能なため、植物の水分ムラを無くし、ポット内に同じ根域が形成できます。

カッティングマシーン

カッティングマシーン

バラ苗のピンチ作業に活躍します。 適度な水分量を確保しつつ、苗を一定の高さでカットします。カットした際に出る葉クズを吸引し管理をしやすくしてくれます。

自走式噴霧器

自走式噴霧器

広いハウス内の病害虫防除や液体肥料の葉面散布をするときに使用するマシンです。これにより、散布ムラなどが少なく均等なな品質が保たれております。

電照装置

電照装置

24時間成長を促すため、夜間に補光を行うための装置です。この電照時間を四季にわたって調整することにより品質と生産時短が可能となりました。

メール問合せはこちら